Information

2017/06/29

アドギアーキューシステムを導入しました

CB-82キューボックスは、8chの入力を備えたキューボックスです。(ステレオ1+モノラル6)
モノラル6もキュー内でパンが使えますので、ほぼ自在にモニターバランスをコントロール出来ます。
ステレオもL Rでそれぞれフェーダー操作が可能。

キューボックスの操作はシンプルそのもので、誰でもすぐにマスター出来ます。

このキューボックスは優れた操作性もさることながら、その音質の良さ最も特筆すべきポイントです。
非常に豊かなヘッドルームで余裕をもってモニターすることが出来ます。

CB-82キューボックスは4台ご用意しております。
カルテットまでの同録にはこちらで対応出来ます。

カルテット以上の同録の際は従来のFurmanキューシステムでケアしていく仕組みです。

これにより、単独送りに関してはアドギアー6、Furman4で、最大10系統を送れるようになりました。
ほぼ、単独を返せないシチュエーションは無くなると思います。

より快適にレコーディングして頂けると思いますので、是非ご利用くださいませ。